現実逃避中
2011-11-03 Thu 22:46
先日のオフ会参加の皆様、お疲れ様でした。
ピン子も久々のお出掛け&ナデナデにご満悦だったようです。
29日 どっぷりオフin大井 (2) - コピー
けど、私はというと・・・オフ会を終えてなんだかブルーな気分が続いております。
介護期間の数ヶ月・・・日々弱っていくウメを見ながら毎朝&帰宅後の生存確認、「今日か、明日か」とゆー日を何度も繰り返し、そう遠くない日にいずれ来るその日に向けて覚悟は出来てました。
出来る事はしてきたつもりだし、最後の瞬間も一緒にいれたことで一片の後悔もなく、前向きにオフ会に参加するつもりでした。
オフ会では昔馴染のブル友たちと、「あんなことあったね。こんなことあったね。ウメはこんなにおバカなカワイコちゃんだったでしょー」なんてウメの思い出話をたーくさんしよう!とウキウキしながら公園に向かったんだけど・・・。

ウメをきっかけに、ウメが1歳の頃から参加してきたどっぷりオフ。
そこから広がった大切なブル友の輪。
そしてウメのいない初めてのオフ会・・・すでに気分はちょっぴり複雑。

気がつけば昔馴染のブルたちは皆シニアで、活気溢れる若いブルや初めましてのコばかり。
ウメの訃報を報告したり、お悔やみを言われたり・・・どこを見てもウメのいない現実とウメに似たブリンドルのコに目がいってしまう自分。
今回のオフ会は、世代交代と時の流れを肌で感じ、ウメの死を初めて実感した日だったのかも。
わらわらしてるブルたちを見れば見るほど、なんかねー・・・寂しくなっちゃった
まだウメの写真の1枚も飾る気にもなんないし、昔話もする気になんないんだよねー。
過去形にすることでウメの死が現実になっちゃうってゆーか、まぎれもない現実なのは分かってるんだけど・・・うーん、うまく言えないんだけど、やっぱきっと寂しいんだな。
なーんて、こうしてウメの事を考えてると、ピン子とは違う毛の触感とか質感とか腕枕の重みとか鮮明に思い出して・・・あぁ、完全に鬱だ
やっぱり寂しさが癒えるには時間が必要なんだな、きっと。
もうちょっと時間が経って、ウメの昔話をする気になったらお付き合いのほどよろしくです
スポンサーサイト
ブルドッグ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
| HOME |