その頃ピン子は・・・(前篇)
2011-06-10 Fri 00:24
さて、前述の通りウメが死にかけていた間、ピン子はどうしてたかと言うと・・・やはり死にかけておりました
4月の引っ越し以前から体調不良を繰り返していたピン子。
とは言っても、食欲にむらがあり、たま~に下痢する程度だったので、てっきりストレスだとタカをくくっていたんです。
なんせこの1年で2度の引っ越し年が明けてからは私も留守がちだったり、預ける事も多かったもので・・・
4月半ばの引っ越し以降、さらに食欲が落ち、エサの量は減る一方・・・その内新しい環境に慣れ食欲も戻るだろうと様子をみていたものの、一向に戻らない食欲・・・。
食べる量は格段に減っているのだから、当然痩せていってるんだけど、なぜか常にぽんぽこりんのお腹
10日 ぐでぐで (2) 5月10日 お腹ぽっこり
以前から、病院にはちょくちょく行ってましたよ。
その都度、下痢止めや抗生剤をもらってたけど、効果は一時的で、痩せて浮き出てくる背骨とは逆にどんどん膨れていくお腹・・・さすがに異常を感じて血液検査を依頼したのが5月13日
血液検査の結果、全ての数値に異常なし。
ただ・・・極度の貧血が認められ、この場合、腫瘍の可能性が高いとのことですぐにレントゲン撮影。
レントゲンを見た私の第一声は「・・・なんですか、コレ
素人目にもわかるほど、腹部の右半分がまっしろけ。
脾臓か肝臓から腫瘤ができ、その巨大化した腫瘤に胃や腸が圧迫されて、食欲不振や下痢を誘発しているとのことでした。
この腫瘤(かたまり)が何なのか・・・血腫(血のかたまり)だとしたら少しの圧迫でも破裂=死に直結の危険があり、仮に悪性腫瘍で他への転移があったとしても、とにかく他の臓器への圧迫を解いて少しでも楽にしてあげるしかないので、どっちにしろ手術決定。
14日 ウメピン (2) 5月14日 お腹パンパン
驚くことに、角度の違う同日の写真です。この頃は全盛期の4分の1ほどしか食べれなくなり、相当痩せてしまったにも関わらず、腹部だけは異様に膨らんでます。
14日 ウメピン (7) 5月14日
血液検査とレントゲンから2日後の5月15日、手術のためのCT撮影です。
現在の体力で全身麻酔に耐えられるのか・・・覚悟をして臨んだけれど、担当医師も驚く麻酔の覚めの良さ
撮影後、無事に麻酔から覚めて戻ってきて、ひとまずホッとしたものの、撮影結果は1週間後。
なんでも大手術になるので、撮影結果と手術の細かな手順等々を院長始め全員の医師(3~4人はいるかな)で検討するんだそうな。
結果が出るまでの1週間・・・生きた心地はしませんでした。
「破裂の危険があるので腹部は圧迫しないように」と念を押され、ひたすら安静。
そもそもこのまま1週間も待って手術に臨んだところで、そんな大手術にもつ体力があるのか・・・でも手術以外の道がないのも事実。
それならば、1週間後の手術に向けて、少しでも体力をつけねばと、量食べられない分パピーフードで高タンパクのカロリー摂取。
5月23日、朝イチでCTの結果を聞きに行ってきました。
どうやら肝臓からの腫瘤で、肝臓の部分切除と、他の部位への癒着がある場合、時間的にも技術的にも相当な大手術になり、もちろんリスクもかなりのものになるとの説明。
だとしても、このまま放っておけないのは明白なので、すぐに手術をお願いしました。
私としては、1日でも早くこの状態から解放してあげたい・・・ちょうど今朝まだエサ食べてないからなんならこのまま預けて今日の昼からでもお願いしますと伝えた所、担当医師の困り顔
「実は・・・5月中は手術の予定がいっぱいで・・・」
「はぁ~?!
これほどの大手術になると医師総出で取りかかり、時間も長くて4~5時間掛かる可能性もあるので他の手術がない日じゃないと出来ないとのこと。
25日 病院にて (5) 5月25日 早く手術して
CT待ちの1週間も生きた心地がしなかったのに、それからさらに1週間・・・しんどかった。
わかりにくいけど、痩せて背骨が浮きあがってます。
31日 手術前日 5月31日 手術前日
くしくもウメが死にかけてた6月1日にやっと手術が決まり、ウメピン同時に亡くすかもしれない状況・・・いやぁ~、キレたね
ピン子の腫瘤が見つかった時点では、マジめっちゃ凹んだんですよ
今までの自分の悪行を振り返り、バチが当たっちゃったな~なんて。
ほら、バチって自分じゃなく、自分の回りの大事なものに降りかかるもんじゃない。
けど、続いてウメまで死にかけて・・・プツン。
「そこまでするか?!私、そんなに悪い事したか?!私が何したってのよー!!!」ってな具合に、要は開き直りですかね。
この怒りをぶつけるのは・・・人の良さそうな、ちょっぴり気の弱そうな担当医師しかいないじゃない。
「私、立て続けに2匹に死なれたら耐えられないんで・・・ピン子の手術はくれぐれもお願いしますよ!!」と脅し涙ながらに懇願し、手術と相成りました。
続く・・・
スポンサーサイト
ブルドッグ | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<その頃ピン子は・・・(後篇) | ひとこと日記 Vol.2 | 新たなる始まり>>
コメント

ぴんこさんまで。。?
お願い! 手術はうまくいって~
2011-06-10 Fri 02:47 URL | 飛鳥母 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック

トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | HOME |